社会保険労務士の勉強は独学か学校か通信か?

社会保険労務士, 独学

社会保険労務士の試験に無事に合格を果たすことがどれだけ過酷なことなのかは 前のページまでにたっぷりと書いてありますから、楽観している人もあまりいないだろうとは思います。

社会保険労務士の勉強は毎日毎日、なじみのない読みにくい法令を読み進めていくことの連続となります。
慣れていない以上絶対に意味がわからないことが出てきます。
社会保険労務士に受かるための教科書や参考書、問題集もたくさん販売されているので、 それらを買って独学で社会保険労務士を目指す人もいますが、 過半数の人たちは、独学ではなく学校や通信(講座)で、社会保険労務士を目指します。

社会保険労務士の勉強は、学校に行ける人や学校のような場所でないとやる気が起きない人は学校、 学校に行けない人や学校に通うのがおっくうだという人は通信を選ぶのが普通で、独学で社会保険労務士を 狙う人はかなり少数で、しかも独学で合格できる人は本当に少数だろうというのが定説です。

独学で社会保険労務士に受かれる人は、法律の勉強や仕事をした経験がある人か、 記憶術の天才のような特殊な人、または何年も勉強を続けてきたような人たちが中心だともいわれますね。
つまり、未経験から社会保険労務士を独学で受けるのは無謀で、学校か通信を選んだほうが近道です。

社会保険労務士に独学で受けるのがほとんど無理なら、学校と通信はどちらがいいでしょうか?
前述したような観点から選ぶことが基本ですが、多くの人たちにすすめられるのは通信のほうでしょう。
通信は、どこに住んでいる人でも使えないことはありませんが、学校がある場所は決まっていて 通いづらい人はたくさんいます。通信の場合学校に比べて料金も安めに終わりますし、 家で勉強することになりますから、講師の指導を受けられる点を除くと独学での社会保険労務士と 時間の使い方や勉強場所についてはあまり差がありません。

社会保険労務士はとにかく難しい試験ですから、評価の高い通信等を探して 最小限の出費や時間でうまく合格をすることを目指したほうがいいでしょうね。