社会保険労務士の試験合格のための裏事情

社会保険労務士, 合格

社会保険労務士の試験に合格をしたいと思うのはやまやまでしょうが、社会保険労務士の試験は 果たして簡単でしょうか、それとも難しいでしょうか?

社会保険労務士の試験は、国家資格試験の中でもおそらくは難しい部類に入るのではないでしょうか。
社会保険労務士の合格の尺度として、ここ数年の以下のようなデータを直視してみてください。

年度

受験者の数

合格者の数

合格率

平成19年

45,221名

4,801名

10.6パーセント

平成20年

47,568名

3,574名

7.5パーセント

平成21年

52,983名

4,019名

7.9パーセント

平成22年

55,445名

4,790名

8.6パーセント

平成23年

53,392名

3,845名

7.2パーセント

社会保険労務士の試験に合格をすることがどれくらい簡単なことではないのか、これは上の表を一瞥するだけでも わかるのではないかと思われます。
社会保険労務士の試験は毎年基本的にこのような状態が繰り返されていて、合格をする人が「10人に1人」の 割合を超えることはめったにありません(平成19年は、本当に特別な冷害だったと推測されています)。
社会保険労務士の試験を受ける人の数も増えたり減ったりを繰り返しながら全体としては増えている印象があります。

社会保険労務士の試験の合格が難しい理由はほかにもあります。
社会保険労務士の試験にも科目がいくつもあるのですが、各科目に合格のためのラインが設定されています。
細かく書いていくときりがないため詳細は省きますが、 選択式問題については60パーセント以上、択一式問題については70パーセント以上の正解を出さないと 不合格にされると思っておくほうがいいでしょう。全科目について、バランスよく正解を出せるような 学力を備えておかなければならないのです。

社会保険労務士の試験の合格を望むなら、難しい試験問題を広範囲にわたって解けるように 総合的な学習を成功させることが必要ですね。そのためにはどんな勉強をしていくことが必要でしょうか。
次のページから重点的に書いていきましょう。

なお、社会保険労務士の試験の合格の基準については毎年修正が繰り返されるため、 少し古い情報を信頼してしまうことはよくありません。信頼できる情報を常にキャッチするようにしたいものです (その点も含めて次のページから書いていきます)。