社会保険労務士の求人を開拓するには

社会保険労務士, 求人

社会保険労務士の試験の合格者の間では、求人が思ったよりも多くないというぼやきが聞こえてくることも ときどきあるようですね。
ここではそんな嘆きをいつまでも続けることがないように、社会保険労務士の求人の探し方を 思案してみてください。

社会保険労務士の求人といっても、まず自分がそれまでに求人を探したりや就職・転職活動をしたりしたとき のことを思い出してみてください。社会人経験がまだない場合はアルバイトやパートでもいいですが、 「社会保険労務士」「社労士」という名前をそのときに求人で見つけた覚えはあるでしょうか? 答えはNOでしょう。

勤務型の社会保険労務士についてですが、こちらは当然人を雇いたい場合は他の職種の社員と同じように 募集をかけるはずですね。ただし、はっきりと社会保険労務士の求人と銘打って募集することは確かに 多いとはいえないでしょう。
どうしてかといえば、そもそも勤務型社会保険労務士の求人は、企業の労務や人事の部門で発生します。
しかし社会保険労務士の有資格者は多くないため、求人の中に資格のことを書かない会社は多いのです。
社会保険労務士の資格を求めていなくても、労務や人事の仕事の求人を見つけたら問い合わせをして、 自分が社会保険労務士の資格を持っていることをうまく伝えて興味を持っていただく工夫はしたほうがいいですね。
もうひとつ大切なことは、「すぐに社会保険労務士らしい仕事ができなくても、おいおいできればいい」と 思っていることをうまく伝達することです。

社会保険労務士の求人というと普通は勤務型のことですが、独立を目指している場合でも 最初のうち事務所に勤務をしたいという人はいるでしょう。
これはかなり狭き門となります。人を雇える規模の社会保険労務士事務所は多くなく、 すでに人が足りていることも多いですから。
自分が勤務できる地域内で社会保険労務士事務所を探して、自分を売り込むことが必須でしょう(求人が 出ていないのは当り前のため、何も期待できない場合でも自分の存在を伝えていくことが大前提です)。
なお、試験に受かって資格を得てからその手の活動をはじめても遅いため、 試験勉強中から自分の活動圏内でどんな社会保険労務士が開業しているのか、よく調べていくべきです。
時間がないとはいっても、勉強以外のことも計画しておくことが望ましいでしょうね。